撮実際に購入した影用ライトおすすめを紹介

撮影機材

実際に購入したおすすめの撮影用ライトNeewer660LED!YouTube撮影・ライブ配信・人物・商品にも!

2020年9月13日

結論

1年間使ってみてめちゃくちゃ良かったおすすめの撮影用ライトはNeewer(ニューワー)のLEDライト!YouTube用やライブ配信など動画にも、商品や人物撮影も万能!

こんな方におすすめ

  • はじめてライトを購入するので何を買っていいかわからない
  • 動画も静止画もどちらも撮りたい
  • zoomなどリモート会議でも使えるおすすめのライトが知りたい
  • ライブ配信にも使いたい
mina
こんにちはmianです。写真事務所歴28年のプロたんたんと映像を作っています。

私たちは2019年1月からYouTubeでの動画配信、同年6月からインスタでライブ配信をしています。そのために撮影用ライトを購入しました。2020年9月から新しいスタジオを作ったので新たに機材購入!実際に使って良かったおすすめポイントや、新しくAmazonで導入したものなどご紹介します。Amazonリンクもはっているので、詳細はクリックして見てみてね♪

 

おすすめの撮影用ライトはNeewer

1年間以上Neewer(ニューワー)を使っています。ここのメーカーはめちゃくちゃおすすめです。過去に購入したもの、新しく購入したもの、どちらもご紹介します。

 

最初に購入した撮影用ライトNeewer660LEDライト←おすすめはこっち

Neewer 2パック二色660 LEDビデオライトとスタンドキット

価格が安いのに品質は十分な撮影機材を販売することで評判の高いNeewer(ニューワー)。私はAmazonで購入しました。中国のメーカーですが品質が悪いなどはありません。他のライト以外の機材も購入したことがあります。全然悪くなかったですよ!十分に使える製品が安く買えるのでユーチューバーの間でもNeewer製品を購入する人が増えています。私はYouTubeの動画撮影、インスタライブ配信、小物(商品)の写真撮影の時に使用していて大活躍中です〜。もちろん人物撮影にも♪はじめてライトを購入する方にもおすすめです。

▼2019年3月に撮影した開封レビュー動画もあります。まだ動画配信を始めたばかりの頃(笑)

↑このようにYouTube動画撮影にも使えます。

 

新しく購入した撮影用ライト

Neewer 2パック 480 RGB Ledライト APP制御 スタンドとバッグ付きの写真ビデオ照明キット

新しいスタジオ用に追加購入。2パック入っているものを2個購入したので4本届きます。スマホのアプリと連動させてライトの色をコントロールできるみたいなのですが多分その機能は使わないと思います。普通の色で普通に撮影します。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

札幌ライフスタイル☕️(@859.jp)がシェアした投稿 -

注意

2020年9月15日、新しく購入した撮影用ライトNeewerのRGB LEDライトキット2セット、つまり4本のライトが届きました。

結論!こ、これはおすすめできません(涙)

スマホのアプリと連動させて色温度を調整できる機能がありますが、はっきりいって使いづらい!もともと普通の色で普通に使う予定だったので、7色に光ったり特殊効果(ピカピカ点滅など)はいらない〜。

…というわけでこれから購入される方は、最初に紹介した私が1年前から使っているNeewerの旧タイプLEDライトで大丈夫!

私は購入してしまったので、スマホで7色に操れる(笑)という当分出番がなさそうな機能付きの今回のライトで普通に撮影していきます。

 

人物を撮る時の撮影用ライトおすすめの使い方

撮実際に購入した影用ライトneewer660LEDを使って人物撮影

この画像はiPhoneXで人物撮影をした時のものです。

  1. ライトを付けずに室内の電気をつけて撮影。人物の影と、上部にも横に影があります。これはダウンライトのかさの部分です。
  2. NeewerのLEDライト4灯を人物に直接向けて撮影。4つの影がくっきり。ライトの位置が下からなのでオバケライティング!怖いです(笑)
  3. NeewerのLEDライト4灯を白い天井に向けて光を反射させて撮影すると、光が柔らかくなりますよ!
  4. 3の写真をスマホアプリで編集しました。人物右側の影を薄くするような編集をしています。

実はこの部屋、まだカーテンが届いてなくて^^;

左側に窓があって自然光が入ってきてしまっています。なので③はNeewerのLEDライトを天井に当てて柔らかい光の空間を作ったのに、人物右側に影ができちゃってますね〜…。確か夕方16時くらいの曇りだったのですが、太陽の光ってすごいよね。

おすすめは斜光カーテンをしめて真っ暗な中でライトだけを使って撮影するのがgoodです〜!

 

youtube動画、ライブ配信、人物撮影のために購入した機材セットいろいろ

写真撮影用 背景スタンド

背景用の布の前で撮影するためにスタンドを購入。もともと3色の布(黒、白、緑)があります。緑を人物撮影や動画撮影時にグリーンバックとして使う予定です。黒と白は正直使う予定はないかも…。そのために下記の布背景を購入しました!

人物撮影用の背景布

今回は人物撮影もする予定なので、ちょっと大きめの布背景にしてみました。商品撮影でも背景として使っていきたいです。

拡散ディフューザー用白い布

これは光を拡散させるディフューザーとして柔らかい光を作るために使います。今度新しいスタジオでの撮影風景なんかも動画やライブで紹介していく予定なので、ぜひ引き続きご覧いただければと思います!

 

商品撮影のために購入した背景シート

背景シート(背景紙/背景ペーパー) 自宅撮影 小物 商品 撮影 バックペーパー 撮影道具

家具をアンティークで揃えているので、背景シートもヴィンテージな雰囲気のものを選びました。こちらも商品撮影をしていく様子もどんどんお伝えしていきたいと思いますのでお楽しみに!アンティーク、ヴィンテージなイメージの商品撮影をしたい方におすすめです。

 

動画でも静止画でも撮影用ライトを使った方がいい理由

撮影用ライトを使わないとこうなる↓

  • もともとの室内の蛍光灯だけでは暗い
  • 撮影する時間がバラバラだから室内電気をつけたりつけなかったり毎回変わる
  • 外からの光や天気が変わると映像の色が毎回変わる

部屋の中で普通に撮影すると動画は暗くなりがちです。暗いからといって室内の蛍光灯をつけると上からの光なので人物だと目や鼻の下に影ができてしまいます。静止画の撮影でも、小物撮影でテーブルの上に置いて真上から撮影したい場合、自分の影が入ってしまうことも…。

日中大きな窓から太陽光が差し込む状態なら室内で撮影していても明るさ的には問題ないかもしれませんが、その日の天気頼りになってしまいますよね。でもここで注意したいのは天気によって映像の色が変わってしまうんです…。また室内の蛍光灯と外からの自然光、2つの光があることをミックス光と言うのですが、動画でも静止画でも2つの光がある中で撮影って実は難しのです。

撮影する際ライトはとっても重要!適切な明るさになっていること、毎回同じ明るさや色を自分で作り出せることは、撮影のクオリティをあげるだけではなく、撮影自体が楽になります。

 

【豆知識】撮影用ライトの種類は3つ

ここでちょっと豆知識。太陽光の自然な光で撮影もいいのですが、時間や天気、場所などなど撮影の度に毎回変わったりするとそもそも撮影自体が難しくなります。だからいつでも安定した光のもとで撮影できる人工光も取り入れてみてはいかがでしょうか?人工の光の種類を説明するので参考にしてくださいね!

  白熱球 蛍光灯 LED
安さ
電力の節約
寿命
軽さ

 

白熱球

白熱球は一般の家庭でもよく使われている普通の電球。「タングステンライト」とも呼ばれています。値段はすごく安いので気軽に使えます。ただ寿命が短いんです。そして発熱もするので他の電球に比べ電気代が高くなります。そしてあかりの色がオレンジや赤っぽいので、撮影にはあまりむいていません。暖色にしたくない場合、後から編集で色の調整が必要になります。

 

蛍光灯

一般の室内用照明としては長細いものが使用されることが多い蛍光灯。撮影用で長細いものではなく、電球型が撮影機材としてよく使われます。白熱球と違い発熱がありません。値段が安い上に寿命が長く、電気代も安いので今でも撮影用の照明としてメジャーなライトです。

ただしデメリットもあります。蛍光灯を使って動画撮影すると、映像がチカチカするフリッカー現象が起こることがあります。その場合はカメラのシャッタースピード設定を変えることで抑えることは可能です。

 

LEDライト

近年主流になっているのがLEDライト。実は何年か前まで値段が高く光も弱かったので、照明機材としてはむいていませんでした。最近は光の強さも十分で値段も以前より安くなり、撮影用ライトとしてメジャーになりました。LEDは発熱がなく寿命も長い、電気代も安いというメリットがあります。ユーチューバーがよく使うリングタイプもLEDライトを使っいる人が多くいます。

 

【まとめ】YouTube・ライブ配信・人物・商品におすすめ万能撮影用ライト

Neewerの660LEDライトがおすすめ!動画撮影、ライブ配信、商品や人物の撮影にも万能です。

撮影用ライトや機材、人物撮影のための布背景など、購入したものの紹介でした!照明が一つあるだけで印象はガラっと劇的に変わります!光の当て方を変えたり、光の強さを調整してみたり、シチュエーションや目的に合わせて応用することで撮影の幅が広がりますよ!

「撮影してみたけど、なんかパッとしない…」と感じる方がいましたら、それはカメラのせいではなく光が原因かもしれません。高価なカメラがなくても、今回紹介したようなリーズナブルなライトをプラスすると、今よりもワンランクアップした撮影を楽しめます〜。

撮影に関することも情報配信していきますので、インスタグラムもぜひフォローしてくださいね♪

 

▼ヨーロッパのアンティーク家具を仕入れました。

ヨーロッパの古道具、骨董品、古着など、レトロな雰囲気のインテリアや服を探している人におすすめ!札幌PARCO7階grenier(グルニエ)。フローリングが傷つかないように椅子用靴下を履かせました
古いテーブルと木の椅子などアンティーク家具購入!札幌PARCO7階grenier(グルニエ)

ヨーロッパの古道具、骨董品、古着など、レトロな雰囲気が好きな人へ

続きを見る

  • この記事を書いた人

mina

車なし,札幌市内中心地出没!お肉とビールが大好き。スマホで写真撮影、iPadで動画編集をしています。最近はinsta360goで日常を撮影しvlogを作るのが楽しい♪ 憧れのLEICAを買うのが夢!SEOとwebマーケティングの情報ポータルサイトcoletto(コレット)を運営するフリーランス個人事業主。

-撮影機材